花を楽しむ

バラの楽しみ方

水切り方法

水替え方法

飾る場所について

花には苦手な環境があります。花を長く楽しむために、なるべく涼しい場所に飾ります。

ご注意
× 風や直射日光のあたる場所
花瓶の水温があがり、バクテリアが発生しやすくなるため、花を傷ませる原因になります。

× 冷暖房・エアコンの風が直接あたる場所
花が一気に乾燥し、水分を奪われ枯れる原因になります。

× 高温になる場所
ストーブやヒーターの近くは花瓶の水温が上昇しがちです。
暖房器具からの距離に注意してください。

飾る場所について

バラ風呂

お風呂の中に浮かべると、お湯の温かさで花が咲き、バラの香りがほんのりと漂ってきます。
アロマの効果で、心も体もリラックスできます。

使い方
バラ花は、必ずシャワーなどで軽くゆるま湯洗いをしてからお風呂に浮かべてください。

「一回限りで楽しむのはもったいない!」
という方は、お風呂あがりにバラを取り出し、水分を軽く切ってから涼しい場所に保管しておくと、2~3回お使いいただけます。

バラ風呂

飾る

浅く水が入る容器に並べて飾ったり、ボールのような深い器に浮かべて楽しめます。

使い方
花持ちがよくなるように、必ず一日1回は水を取りかえてください。

飾る

ドライポプリ

バラを早く乾かすことがポイントです。
色が濃く、香りの強い花を選んでください。
ザルなどの容器に、バラが重ならない程度に入れ、日光が当たらない風通しの良い場所に吊り下げ、自然乾燥させてください。
すばやく乾かすのが色良く仕上げるコツです。

ご注意
花によっては、色がきれいに仕上がらないものや、香りが薄くなるものもあります。

ドライポプリ

フラワーシャワー

「造花では物足りない」「式場に依頼すると予算が・・・」とお悩みの方、値段も手頃&きれいな生花はいかがでしょうか?

使い方
花の部分を軽く持ち、ガクの部分をひねり取ると、花びらとガクの部分をきれいにとることができます。

ご注意
結婚式場によっては、フラワーシャワーの持ち込みができないところがありますので、事前にお確かめください。

フラワーシャワー

このページのトップへ