MPSについて
   
  「MPS」という言葉を聞いたことはありますか?
 MPSとはオランダ発祥の花き業界における認証システムのことです。
日本語では「花き産業総合認証プログラム」と訳されています。  

 MPSはお花の生産や流通上の環境負荷の低減や鮮度、品質の管理、社会的な責任に対する様々な取り組みを認証します。MPS認証のうち、環境負荷低減認証プログラムMPS-ABCを取得している花にはMPSとMPSジャパンのロゴマークが添付されます。
 既に3月末より日本で最初のMPS参加者認証の花の流通がスタートしています。

  MPS-ABCは生産に関するデータを1年間にわたって提出することによって環境負荷の多寡を評価する認証です。

 MPS-ABCに参加すると、農薬や肥料、エネルギーの使用量、水の使用状況、廃棄物の分別状況といった5つの環境負荷項目を記録・提出します。これらの使用量を削減し、より環境への負荷の少ない方法を選択することにより、認証のランクが上がっていくシステムとなっています。


 MPS-ABCでは1年間を週単位で分け、4週間を1期とします。参加者は1期単位で使用した農薬等作物保護剤、肥料、電力・燃料等エネルギーの使用量、水の使用状況、廃棄物の分別状況の5つの環境負荷に関するデータをMPSジャパンに提出します。

 3期連続してデータを提出するとMPS参加者認証が発行されます。参加者認証取得後からMPS-ABCに参加していることを示すロゴマークを商品に添付して出荷することができるようになります。ただし、ABCのランクはまだつきません。

 ABCのランクが発行され、ランク別のロゴマークを使用できるようになるのは 初回より13期連続してデータを提出し登録された後、ABC認証発行後となります。

 参加者には監査が義務付けられています。第三者からの監査を受けることによって参加者それぞれのデータの公明性が保たれます。

 参加後、1年目以降からは3ヶ月に1回、認証ランクの更新が行われます。
 MPSに提出し、蓄積された登録データはMPSによって年間の使用量の変動等の分析結果とともに参加者にフィードバックされます。

■記録する環境負荷項目
提出項目 詳          細
作物保護(農薬等) (殺菌剤、殺虫剤、殺虫殺菌剤、除草剤、展着剤、植物成長調整剤 、農薬肥料(前処理剤、土壌燻浄剤、その他)
⇒人体への毒性・分解速度等の環境への影響、危険度に応じて緑、茶、赤の3段階に分類
肥 料 
(化成肥料、特殊肥料、土壌改良剤、堆厩肥他)
⇒窒素、リン等の施用量を算出
水 
水の再利用、再利用水の消毒の有無等
エネルギー 
電力、重油、灯油、軽油、ガソリン等の使用量
廃 棄 物 
紙、ダンボール、プラスチック、化学系廃棄物等の処理状況

■昨日よりは今日、今日よりは明日、少しづつでも確実に減らせる環境負荷
 MPS-ABCのシステムは参加者の環境負荷項目の現状の使用状況から評価を行う、いわば相対評価です。農薬や肥料を一定の使用量以下に保つといった基準を課す絶対評価のシステムではありません。つまり、昨日よりは今日、今日よりは明日、現状に沿って環境負荷を低減していくことが可能なシステムでもあるのです。

会社のあゆみ
受賞履歴
こだわりの生産方法
MPSについて
生産品種一覧
バラ取扱品種
りんどう取扱品種
注文フォーム
お問い合わせ
熊谷園芸サイトマップ
熊谷園芸リンク
熊谷園芸はMPS
花き産業総合認証
生産者です。
 

Copyright (C) 2007 Kumagai Engei Inc All Rights Reserved.