こだわりの生産方法
 
バラ HPS (高圧ナトリウムランプ)
バラ生産者では初めて、高圧ナトリウムランプ設備のハウス。
冬期間の、日照不足による生育の低下を補い、保温効果で燃費削減にもつながる最新の設備を導入しています。
白銀の雪景色の中で、幻想的な光景が見られます。

720坪のハウス4棟に、高圧ナトリウムランプを設置しています。
株元にあたる照度を3000luxに設定するため、高さ2.3mの位置に取り付け、1個あたり15m2の面積を補う為に、 1棟あたり158個のナトリウムランプを設置しています。

使用時期は9月中旬〜4月上旬にかけて、夜中〜日の出までの、4〜5時間補光します。 現在、ナトリウムランプの効果を実証するため、ランプの使用しているハウスと未使用のハウスに、 同じ品種のバラを生育し、データを取っています。

     
 
バラ 炭酸ガス発生装置

植物に必要不可欠な、CO2(二酸化炭素)を発生させる機械です。

光合成を促進し、収量を増すことや品質向上させることができます。

設置しているハウスと、していないハウスでは歴然とした差が出ています。

夏期は、日の出2時間前から使用します。

冬期は、ナトリウムランプ点灯の2時間前から使用します。

ナトリウムランプと併用して使うことで、より効果が得られます。

 
 
バラ 溶存酸素供給システム 

良品質のバラ作る為の一つとして、根を活発に生育させる事が不可欠になります。

そこで、養液供給中に酸素を注入するシステムを導入しています。

今まで、生育状態が安定していなかった品種に、一番効果現れています。

【酸素ボンベ圧力計】
【ハウス別の供給制御盤】
 
     
     
バラ 管理制御盤 

全棟の管理を、一カ所で制御することができます。

・養液管理
・高圧ナトリウムランプ
・暖房機
・ダイレクトファン(扇風機)
・ハウス天窓、側窓
・ハウス内張カーテン

バラは環境の変化に弱く、特に季節の変わり目には細心の注意が必要です。
バラの品質を向上させるために、生育状況を把握したうえで、徹底した管理を行っています。

 
 
バラ 浄化活性水装置(アグリ) 
養液栽培の原点は、
「水」にあります。

当社では、井戸水を使用しており、
一度浄化してからアグリの活性化層に
通水することで、 肥料の、溶解度アップ
や吸収力の向上させる装置を 導入しています。
 
バラ ヒートポンプ
施設園芸用として、現在使用しているA重油温風暖房機と組み合わせて使用する機械です。

冬期は、コストの安い電気でヒートポンプが暖房を開始し、設定温度よりも暖房能力が不足した場合に重油暖房機が補助的に暖房運転を行います。

夏季には、夜間の暑さや雨期の湿度対策のため、冷房運転に切替をして生産・品質性の向上を図っています。
 
 
 
会社のあゆみ
受賞履歴
こだわりの生産方法
MPSについて
生産品種一覧
バラ取扱品種
りんどう取扱品種
注文フォーム
お問い合わせ
熊谷園芸サイトマップ
熊谷園芸リンク
熊谷園芸はMPS
花き産業総合認証
生産者です。
 

Copyright (C) 2007 Kumagai Engei Inc All Rights Reserved.